プロペシアと一緒に

drug

AGAは、男性ホルモンの持つ働きのひとつによって、頭皮の環境が新しい髪を育てるパワーをなくしてしまうという現象です。
ミノキシジルタブレットを飲むことによって、男性ホルモンによって引き起こされた現象をもとに戻し、しっかり髪が育つようにすることができます。
とはいえ、ミノキシジルタブレットは男性ホルモン自体に何かを働きかけるわけではありません。AGAの進行具合によっては、男性ホルモンに含まれる育毛環境を減退させる働きのほうがミノキシジルタブレットのパワーを凌駕して、これだけでは充分に状況を改善できないということもあります。せっかくミノキシジルタブレットで頭皮の環境を育毛に適したものにしたとしても、男性ホルモンのパワーが強くなって新しい髪がどんどん抜けていく、という状態になってしまうのです。
AGAがけっこう進んでしまった、もうだいぶ頭皮が透けて見える状態になっている……そんな場合には、ミノキシジルタブレットの他に、別の薬も併用していきましょう。それはプロペシアという薬です。
プロペシアは、男性ホルモンの中に含まれる発毛阻害の働きを持つDHTという物質を生み出さないように促す薬です。
DHTという物質ができなければ、新しい髪はしっかり定着するようになります。さらに、ミノキシジルタブレットによって改善された血行がその髪に栄養をもたらすことでより完璧に髪が育っていくわけです。

ちなみにプロペシアは、その成分が女性に対して有害であることから(男性に対しては無害です)、女性の手に触れることを禁じられている薬です。
家で保管する際には注意しましょう。